ブログ

カテゴリーアーカイブ

2023.05.02

今注目されている生成り生地とは?生地の特徴や使い方をご紹介。

今日は弊社で人気が高まっている生成り(キナリ)についてお話しします!

生成り生地はどんな素材で出来ていて、どんな使い方をしているのか。
今日は生成り生地を深掘りしていこうと思います!

■そもそも生成りってどんな生地??

生成り生地は、ナチュラルカラーである綿や麻などの天然素材で作られた生地のことを指します。

生成り生地は、染色や加工をしていないため、色合いが淡く、シンプルでナチュラルな雰囲気を持っています。

いわゆる生機(きばた)と言われるような状態ということですね!

※生機は織機で編んだ、染料で染めていない無加工の生地のこと

また、肌触りが良く、吸湿性や通気性に優れているため、夏場には特に快適に着用することができます。

生成り生地は、様々な素材で作られています。

綿の生成り生地は、コットン100%のものや、綿と麻の混紡素材で作られたものがあります。

麻の生成り生地は、リネン素材で作られたものや、麻と綿やポリエステルなどの混紡素材で作られたものがあります。また、ウールやシルクの生成り生地もあります。

生成り生地は、染色やプリント加工をして色をつけたり、刺繍やレースを施したりすることで、様々なデザインの服や雑貨に使われます。

■ECOな生成り生地は色んな業界から注目されている。

また、生成り生地は、ナチュラルな雰囲気やエコ素材として注目されている生地の一つです。

素材や品質に注意し、染色や加工をすることで、様々なデザインの服や雑貨に使われています。

環境にやさしい素材としても注目されており、廃棄物の削減にもつながるため、SDGsの観点からも、今後ますます需要が増えることが期待されます。

■生成り生地を扱う上での注意点とは?

生成り生地を取り扱う際には、素材や品質に注意することが重要です。

まずは生成り生地自体が天然素材であるため、生地によって色合いが変わります。

同じ生地でも微妙に色の風合いが変わります。

また、生成り生地は、柔らかい素材であるため、生地自体が伸びたりすることがあるため、注意が必要です。

それと生成り生地は、白っぽい色合いであるため、汚れが目立ちやすく、取り扱いには注意が必要です。

洗濯の際には、素材に合わせた方法で洗い、日光に当てることで黄ばみが発生することがあるため、注意が必要です。

それと先述にもあるとおり、生成りは無添加の生地です。

なので本染ウコン布のように防虫・防カビの効果はないのでそこも注意点ですね!

■長棟商店で扱っている生成り生地ってどんなものがあるの?

長棟商店では「2003」「2023」「8」「5613」「4240」の5種類の生成り生地を扱っております。

そしてそれぞれで用途が変わります。

用途としては以下の通りです。

「2003」・・・薄手の生成り生地。額縁用黄袋(701)と同じ厚さ。額縁を入れるのに最適。
また、ピンキング加工にも適している。

「2023」・・・やや薄手の生成り生地。601と同等の厚みがある。黄袋やピンキング、屏風や昔の資料保存などに用いられる。
ピンキング加工やストレート加工にも最適。

「8」・・・とても頑丈な生地でいわゆる「帆布」と呼ばれるもの。元は船の帆として使われていた。

とても頑丈な生地で型崩れしにくく、インテリア雑貨作り、帆、テント、スニーカー、

バッグ、テーブルクロス、ランチョンマット、エプロン、スリッパなどにオススメ。

通気性も良いのでキャンプをする時の風よけやターフにも使えます。

また、絵画のキャンバスとしても使用されます。

「5613」・・・生地はとても柔らかく、片面が起毛になっている生地。

起毛部分が額縁のガラス部分に当たるため、より高価な作品を入れるためにチョイスされる。

「4240」・・・本麻の生地。硬めの生地だが「8」よりは少し柔らかめ。

エプロン、バッグ、ランチョンマット、クッションカバー、カーテンなどのインテリア雑貨におすすめ。

一部ではキャンバスとしても使用される。

■実は生成り生地は黄袋の素材としても優秀?!

額縁に入った絵画を入れる場合、黄袋に入れて保管をしますが、

絵や額のデザインによっては黄色の生地が合わないことがあります。

ですが、生成りの場合は絵や額縁のデザインを選びません。

白色の生地なのでどんな絵や額縁でも合います。

なのでモダンな絵画から新進気鋭のアーティストのカラフルな作品など

何でも使用することができます。

■長棟商店では生成り生地で黄袋やピンキング加工も可能です!

長棟商店では生成り生地を使った黄袋の作成やピンキング加工をすることが可能です!

今も顧客様より古美術の保存や、屏風の保管のための袋を生成り生地で作成しております!

シンプルな袋でしたら午前中にご依頼いただければ、当日発送も可能です。

少し時間はかかりますが、保存用の袋に口を括る紐やマチもつけることも可能なので、お気軽にご相談ください!

生成り生地のことでしたら長棟商店におまかせください!

▶︎生成り生地の料金の確認はこちらから

株式会社長棟商店

〔本社〕
〒541-0059
大阪市中央区博労町2丁目2番2号

TEL:06-6261-5541
FAX:06-6261-5542
メールアドレス
info@nagamune-shoten.com


〔八尾営業所〕
〒581-0883
八尾市恩智中町1丁目24番地

検索

カレンダー

«12月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

フィード

ブログ内検索

ページの先頭へ